ホーム > > 春に"風水"で財布を買い替えて金銀小判がザックザク!

春に"風水"で財布を買い替えて金銀小判がザックザク!

古代の中国より伝わる思想に風水という考え方があり大地に流れる"気"と物の位置や方位などで"吉凶"を判断する環境の心理学の事を風水と言います。   風水では、物の状態によって吉凶が違ってきますが風水本来の考え方である位置や方位などで判断するのをハード的とすれば、色とか家具、小物類で判断するのをソフト的な考え方となります。 毎年、春が来て(新年)になって思うのが、そのソフト面で広く知られている"春財布"のことです。 お財布を買い替えるのなら財布が張る(春)に買うのがたくさんのお金が入り縁起がいい"春財布"と言われています。 「張る」は、"ふくらんでお金がたくさん入る"の意味と「春」をかけたものですが、では風水的にはどうなのでしょうか。 風水と財布の関係は、その財布を持つ人が単に風水的な財布だという意識で使うのであれば意味がなく、やはり風水的な意味を知って使わなければ効果は望めません。 風水財布を作る職人さんも販売する会社も、その効果の成否に責任は無く、人ならば「気」を感じて活用できるかもしれませんが財布には、そのような能力も心も無く、財布で重要なことは"金運のアップ"ですから金運だけを考えてみると、金運を左右する気の力を留める財布が"春財布"ということになります。 二つ折りの財布は、お金(お札)の腰を折り折居心地が悪いので無用で、長財布が伸び伸びして良いようで、運気をあげる色とは金を生み出し、そして貯める「ベージュ色」や更に貯める「茶色」が一般的に良いとされています。 よく金色とか黄色が良いと言われますが黄色は出ていく力が強いので「黄土色」の方が良く、金色は金運というか賭け事に対して良い色で賭け事が嫌いな人には逆効果なのです。 材質的には、蓄財という意味のある本革の牛革を使用することが一般的です。 お札は向きを揃えて入れないと、仲間外れにされたと思い出ていくことになると言われ逆さ向きに入れておけばお金は出ていかないと言われています。 したがって「茶系でベージュ(黄土)色の長財布にお札の向きを揃えて逆向きに入れておけばお金は出て行かず留まってくれる」というのが風水による"春財布"なのです。 ついの住まい